バッテリーの寿命について

寿命について

バッテリーの寿命について解説しています。

 

バッテリーの寿命はおおよそ3年〜5年と言われています。

 

ただし車の乗り方によっては2年程度に早まる可能性があります。

 

寿命が早まる車の乗り方とは?

普段あまり乗らない

 

夜間だけしか走行しない

 

お買いものだけのちょいのりが多い

こういった乗り方をしているとバッテリーが上がりやすくなり、
さらに寿命が短くなりやすくなります。

 

よってなるべく昼間に車をのるようにしたり、
(普段乗らない場合はお休みの日は長時間ドライブをする。)
近所のお買いものは健康を兼ねて出来るだけ自転車やバイクに乗って行きましょう!

 

バッテリーを長持ちさせるコツは昼間長時間運転して蓄電させるのがポイントです。

 

バッテリーがヤバイなぁ?と思う症状は?

エンジンをかけた時にすぐにかからず‘きゅるきゅる’音がすごい

 

ヘッドライトが暗い

 

エアコンの効きが悪い

 

パワーウィンドーの動きが鈍い

さらにバッテリー本体の症状としては、

バッテリー本体のの部分をのぞき込むと赤色になっている
バッテリー

 

バッテリー本体が膨らんでいる

 

バッテリー液の減りが早い

 

バッテリー液が天板から漏れだしている

などと言った症状も見られます。

 

バッテリーも車屋さん等で無料で見てもらう事が出来ます。
上記の症状が出てくればバッテリーが上がってからでは遅いので、
すぐに見てもらうようにしましょう!

 

 

>>【激安バッテリー市場】通販サイトはこちら